中性脂肪・ガンマGTPの基準値

中性脂肪やガンマGTPは、値が上がってしまうと医師の診察が必要です。
異常なまでの値でなければ、食生活の改善や、生活環境の見直しを勧められます。
中性脂肪の値が高くなると生活習慣病になるらしい、心筋梗塞や脳梗塞で倒れてしまうかもしれない、など中性脂肪に関する話はいろいろ聞かれますが、では、実際どの程度の値であれば正常と言えるのでしょうか。

ここでは、中性脂肪の基準値についてお話します。

○中性脂肪の基準値

中性脂肪というといわゆる脂肪をイメージしますが、どんなに痩せている人でも多かれ少なかれ中性脂肪はあります。
アルコールをたくさん摂取する方は、一見痩せて見える人でも中性脂肪の値がとても高い人もいます。
中性脂肪には、基準値が設けられており、それを上回っても下回っても健康面に害が出ると言われています。
実際に定められている基準値は、50~149mg/dlです。
幅は広めに設定されており、自分の数値がここに収まっていれば、中性脂肪による体への変化はないとされています。
健康診断などで血液検査を実施すると、自分の中性脂肪の値を知る事ができます。
「中性脂肪」「トリグラセライド」「TG」などの名称で書かれているのが、中性脂肪値です。
基本値は幅が広い為、149に近い数値が出た方は、食生活を見直すことをお勧めします。

中性脂肪の値が150を超えると、脂質異常症という病名が付き、医師の診断が必要になります。
医師からは、生活習慣の見直しのアドバイスを受けます。
あまりに数値が高い人は、投薬による治療を行う場合もあります。

逆に、中性脂肪の値が低くなってしまうと、体力や抵抗力が落ちます。
その為、別の病にかかりやすい状態になってしまいます。

○中性脂肪が高くなる原因

中性脂肪の値が高いのには、遺伝が関係するとも言われています。
ご家族の中に値が高い方がいらっしゃる場合は、もしかしたが遺伝によるものかもしれません。
ただし、ほとんどの場合は生活習慣によるものです。

要因1.食生活のバランスが悪い

今、私たちの食事はファストフードがあったり、外食が増えたり、選択肢が増えました。
和食だけでなく洋食も増え、それによって脂肪分を多く含む食材も増えました。
中性脂肪は、肉類や脂っこい食事を食べ過ぎることで蓄積されていきます。

要因2.運動不足

中性脂肪は、摂取したカロリーを運動で効果的に消費できれいればよいですが、運動不足などによって消費されず、体内に留まってしまっている方がたくさんいます。
激しい運動でなくても構いません。
仕事の帰りに一駅分歩いてみるとか、いつもはエレベーターやエスカレーターを使うところを階段を使ってみるとか、小さな積み重ねで少しずつ消費していくことができます。

要因3.アルコールの飲みすぎ

アルコールは、体内で分解、代謝される時に中性脂肪を合成します。
アルコールだけでは中性脂肪に直接結びつきませんが、分解、代謝することで中性脂肪が作られる為、結果的に大量のアルコールは中性脂肪の値を上げる要因になります。
アルコールは、適度に楽しめば体にも良い影響を与えてくれます。
お酒が大好きでも、休肝日を設けたり量を減らすだけで中性脂肪の上昇を抑えることができるのです。

○中性脂肪が低くなる原因

中性脂肪は、高すぎると良くないという話はよく聞かれます。
ところが、実は下がりすぎても良くありません。
では、中性脂肪の値はなぜ下がってしまうのでしょうか。

要因1.遺伝や体質
中性脂肪がへると、健康を害する可能性がある為体調不良になったり、だるさが抜けなくなってしまったりします。
中でも、以下のような事が原因だった場合、早めに手を打つ必要があります。

要因2.ダイエット
激しいダイエットで食べなかったり飲まなかったりすると、栄養がなくなり健康面に支障をきたします。
体内のエネルギーはどんどん不足し、中性脂肪の値が下がります。

要因3.中性脂肪は、それとはまったく関係のなさそうな病にに陥って下がってしまう可能性があります。
ほとんどは、甲状腺の機能亢進症と肝臓病です。
参考:ガンマGTP基準値

Leave a Reply